令和元年9月14日 EBR定例会

第111回定例会

EBR販売商品 超吸水性ポリマーについて 牛田会長

◆超吸水性ポリマーについて
素材 紙おむつなどに使われている吸水ポリマー ・水分を吸収することで、ジェル状になりますので液体の忌避剤などに使用することで様々な用途に使用できます。災害時に、簡易トイレとして使用することも可能。
動画では、簡単にジェル状になるのを確認できますのでご確認ください。
会員専用ページでは動画で閲覧できます

軽減税率とポイント還元 税務調査について 黒川税理士・office 黒川税理士先生 4部会主催

◆軽減税率とポイント還元 
10月から始まった、軽減税率とポイント還元とは?
新税率で注意しないといけない事 1、10月からの請求書は10%で請求する
※年間契約で頂く場合には、月割にして9月までは8%、10月以降は10%で請求
※すでにいただいている場合は、10%の差額分を請求しても問題はありません
お客様との契約により請求できない場合もあるかと思います、自社で差額分の消費税を負担する事も基本的には問題はありません。

会員ページではその他、軽減税率の注意点や税務調査などお話を掲載しています

事業総合傷害保険について 一般財団法人 あんしん財団 滝口氏

◆あんしん財団は、昭和39年設立 当時は経営者には労災がありませんでした。現在においても経営者の労災加入は【特別加入制度】と言う制度を使い加入が出来ますが、費用面や手続きなどハードルが高いのが現状です。業務中であれば、たとえ従業員がふざけて怪我をしたとしても、保証する義務が発生します。
政府労災ではカバーしきれない給与や傷病手当などを、場合により多額の負担しないといけない場合がありますので法人様の中には、損保保険などを契約していらっしゃるかと思います。

会員ページでは詳しい契約内容や、お得になる内容を詳しく掲載しています

全損保険商品の制限と節税対策の保険商品 第一生命保険(株) 榊原氏

1、保険を経費で落とし、貯金・節税が不可に・・・
2、10月8日から、法人保険の税制が変更されたものがあります
3、自身の生涯手取り額を増やせる場合があります

会員ページでは変わっていく保険の契約をpointごとに詳しく掲載しています

令和元年9月14日 会員専用 EBR定例会

2019年9月14日 会員専用 EBR定例会

EBRより商品の紹介 牛田会長

・超吸水性ポリマーについて
素材 紙おむつなどに使われている吸水ポリマー ・水分を吸収することで、ジェル状になりますので液体の忌避剤などに使用することで様々な用途に使用できます。災害時に、簡易トイレとして使用することも可能。
動画では、簡単にジェル状になるのを確認できますのでご確認ください。
・DDVP(乳剤)吸収させると動画1のようになります
https://youtu.be/84xQ0-GRj_k

バイトク乳剤を2倍にしたものを使用しています。ポリマーを多く使用することで凝剤に液体を多く使用することでジェル状になります。天井裏のゴキブリ対策では、電線や煙感知器などが多くある場所では、100円ショップで売っているお茶パックなどに入れ、点検口などから投げ入れ場所を選ばす安易に使用することが可能です
揮発性の高いものほど有効に使用が可能で、液体にくらべ乾燥速度が4倍ほど長持ちします。
100円ショップなどで販売している洗濯ゴミ取りネットなどを使用し吊るすことで手製のパナプレートとなりチョウバエなどにも使用が可能です。
水(液体)を吸収させると動画2のようになります
https://youtu.be/Gmv07yEhZQY
動画でご確認いただいたように、短い時間でジェル状の固形になりご自身で硬さを調整が出来ますので、使い勝手のよいものになります。

軽減税率とポイント還元 税務調査について 黒川税理士・office 黒川税理士先生 4部会主催

◆軽減税率とポイント還元

10月から始まった、軽減税率とポイント還元とは?

新税率で注意しないといけない事 1、10月からの請求書は10%で請求する

※年間契約で頂く場合には、月割にして9月までは8%、10月以降は10%で請求

※すでにいただいている場合は、10%の差額分を請求しても問題はありません

お客様との契約により請求できない場合もあるかと思います、自社で差額分の消費税を負担する事も基本的には問題はありません。

point1 月額〇円で1年間分を頂いている場合や、1年間〇〇円で一括払いの契約などでも条件が変わりますので、各社契約をしてる税理士と相談をすることをお勧めします。

point2 自社で経理を行っている会社様では、【軽減税率8%商品】と【税率10%商品】に注意しないと、本来8%の分を10%で計上してしまう事で、2%分の納税の不足が生じてしまいますのでご注意ください

また、本年度に関しては旧8%、10%、軽減税率8%の3種類がありますので、厳密には3種類に別けないといけません。※税理士に入力を依頼している企業様や、経理システムの導入をされている場合は、9月末日までの8%税率は振り分けされているかと思いますので、10%と軽減税率の8%の振り分けにご注意ください。

 

◆キャッシュレス【ポイント還元制度】

期間 10月1日から6月30日までの9か月間限定で、キャッシュレスによる【ポイント還元】がされる販売店がございます。※【軽減税率(食料品など)】は現在のところ期限はありません

ポイント還元事業者(※画像参照)で、電子マネー、QRコード、クレジットカード等で支払った場合、2or5%が還元される制度です

 1,000円の食料品を購入した場合、本来は10%の消費税で100円の消費税がかかるが、食料品は【軽減税率対象商品】なので、8%の80円が消費税で掛かります。 5%還元のポイント還元事業者で、キャッシュレスで清算した場合は、支払金額の5%分の54円が割引やポイントとして還元される制度です

※キャッシュレス決済により、還元方法が変わりますので確認が必要です

point3 キャッシュレス決済種類・クレジットカード(VISA・master・JCB・アメックス等※末締め翌月払い等)

・デビットカード(VISA・master・JCB等クレジット加盟店で使用可能 ※提携の銀行預金より決済時に直接引き落とし)・電子マネー スイカ等の交通系ICカードやナナコ・WAON等(事前にお金をチャージ、チャージ金額分使用可能)・QRコード決済(paypay・メルペイ・auペイ等 銀行預金よりチャージ、チャージ金額分使用可能※スマートフォンが必要) 上記のように、各種決済方法がありますが各社還元方法やクレジットカード等では還元対象でないクレジットカードもありますのでご注意ください

※年金生活者などクレジットカードが作れない方は、デビットカードや電子マネーなどを使用することで還元を受けられます ※スイカ等の電子マネーでは、コンビニに関しては2%還元ですが、その場で割引されるので1枚電子マネーをもっておくと便利です(スイカの場合、ICカードを作った際に、身分証明書を提示しないで作った場合はポイント還元対象外になりますのでご注意ください)

3、同じチェーン店でも、ポイント還元されるお店とされないお店がある

マクドナルドを例にすると、店内で食べるのも持ち帰りも同じ税率で統一されますが、キャッシュレス決済した際にお店により還元されるお店とされないお店があります ※理由は、直営店(大規模事業者)では、対象外、フランチャイズ経営(中小・小規模事業者)は対象のため、還元される店舗とされない店舗があります

上記の例でもわかるように、大規模事業者ではキャッシュレスでも還元対象にはなりません、例えば薬剤などを購入する時に、大手薬局などではキャッシュレスで支払っても還元対象になりませんので注意が必要です

4、還元金額の上限 還元率の最大金額があります、多くのクレジットカード会社では、月に最大15,000円まで、電子マネーやQRコード決済の場合も各社により上限金額、1回あたりの還元率が決まっている場合もあるので確認が必要です

5、ポイントの返還方法 コンビニやAmazonなどでは支払い時に値引きされますが、キャッシュレス決済会社により、すぐに還元~3か月後等バラバラだったり事前に登録が必要な場合がありますのでご注意ください。

まとめ 【軽減税率】と【ポイント還元制度】が同時に始まったことにより混乱されますが、キャッシュレス決済を上手に利用することで以前より安く購入が可能な場合もあります。家庭での使用はもちろんですが、年間トータルで仕入商品などにも大きな金額差が出てきますので、6月30日までの期間中、上手にご利用ください。

 

ライトニン上野のスーパープレイ集(2018-19シーズン編) ライトニン消毒 上野氏(EBR会員)

某駅ビル全館防鼠駆除の例 施工に必要な道具を様々開発してきましたが。【相互保管管理】というシステムが一番の発明だと考えています。

①天井捕獲 ②防鼠工事 ③殺鼠捕獲 ※床面捕獲をしない施工方法になります

【相互保管管理】とは、お互いの長所と短所を補いあい最大限の効果を得ることです。

a ②防鼠工事により侵入できないネズミは③殺鼠剤を食料にしないといけない②をすることにより③と①天井捕獲の効果が増すb ③殺鼠剤により個体数が減少することにより①の効率アップする

c ①天井トラップによって、③殺鼠剤を使用すればするほど死臭のリスクが高まりますが、①によりリスクをほぼ0にすることが出来る

メリットデメリット 殺鼠剤 ・技術的にも安易で、生息数減少に極めて効果的であるが、常に死臭のリスクがあるため天井設置のトラップ数に依存する。 天井捕獲 ・生息数削減、モニタリング・設置技術をマニュアル化することが可能・死臭管理・天井のある施設では拡張が可能だが、欠点としては電気配線問題・コストの問題 防鼠工事 ネズミの侵入を阻止し食糧源を断つ最大のアイテムですが、欠点として人件費・部材コスト・技術的な素質が必要、技術のマニュアル化・モチベーションの持続が困難。※現場により多種多様のため、教えたり、マニュアル化することが困難である

ネズミ駆除の効果を皆で高めようとした場合、天井捕獲が最良であり、付随して殺鼠剤を使用する。

食糧源を断つことが出来れば、防鼠工事と同じ効果を得ることが出来ます。※ただし、顧客に依存する

上記の理由により、長所を最大限に伸ばし、短所を補うというのが【相互保管管理】という考え方です。

天井捕獲の注意では、ケーブルの上にのせたりケーブルの垂れている部分には注意が必要になります、捕獲したネズミがもがいてケーブルをかじってしまいます、本来はそういった被害をなくすために駆除を行っている目的もありますので捕獲による被害を出すことはしないようにしなければいけません。

代表的な施工モデル ・衛生改善モデル ※天井保管と殺鼠剤にはいい影響を与えるが、双方が衛生改善に寄与することはありません

・防鼠なしモデル ※防鼠施工が採用できないモデルもあります

・防鼠・殺鼠剤モデル ※防鼠工事と殺鼠剤を使用。殺鼠剤だけだど死臭のリスクが高まります

・天井捕獲優先モデルまたは天井殺鼠無しモデル ※殺鼠剤の量を減らしても、天井捕獲がちゃんとできていることにより効果があります

衛生改善モデルと相互管理モデルの違い 幼獣捕獲数がおいいという事は、幼獣が繁殖しているという事になります。※ネズミ駆除の様態は、幼獣を生ませない(繁殖をゼロにする)ことになります。

【繁殖をゼロするためには、相互補完モデルが最適です】

繁殖による、幼獣捕獲が多発すると全体の捕獲数は増加する。防鼠繁殖ゼロレベルに大きくかかわります。

幼獣は捕獲されやすく、成獣は捕獲されにくいトラップの特性を利用する、子ネズミはいっぱい捕まるけど、成獣は捕まらないとお聞きすることも多いですが、考え変え方を変えてください。トラップは幼獣を捕まえるためのもと考えるとあれほど効果的なものはありません。繁殖をゼロにすることで、いずれ成獣は繁殖能力を失い個体は減少していきます、成獣は警戒心も強いので大量に設置と、防鼠工事・毒餌を組み合わせることで減っていきます。※トラップを大量に設置することで、幼獣は1か月程度で効果があります。そのことから、幼獣が沢山捕まった時は危険信号と考える必要性があります。繁殖ゼロ管理を行うことで、幼獣の捕獲数から、次回の捕獲予定数等の算出でき、報告書にも記載することも可能になります。

現在行っている某デパート全館ネズミ完全駆除施工

店舗情報(一部公開) 地下10階建て飲食店舗合計24店舗 ・全館で、天井裏には7400枚のトラップを設置、ただし最終的には約10,000枚を設置予定(床には初回のみ) ・初月、掻き出し作業と、天井トラップ設置(合計6日間) ・次月、天井トラップ設置(8日間) ※掻き出し清掃の徹底を行う

・翌々月、飲食店全店20店舗の防鼠工事を実施(翌月残4店舗防鼠工事)初期施工終了となっております。

作業段取り ・報告書にて先行調査、図面づくり点検口の図面など・床面など調査(エクセル作成)

※前年に飲食フロアの改装があったためネズミが減っていたことや、トラップ設置の経験不足スタッフによる理由などで床下捕獲をあきらめる ・掻き出し清掃に徹底※今回は掻き出したごみはお客様に片づけてもらうようにしました。本来は、掻き出し清掃はお客様の責務であるという考えではありませんが、プロが行う掻き出し清掃を徹底して行いゴミをお客様に確認していただくことで意識を高めるのが目的

・ひまわりの種を置いて喫食していたことで個体を確認。また、天井トラップ設置時にはすでに捕獲できたネズミも確認できた。以降、天井へのトラップ設置し、終了まじかで防鼠工事を行う。

※対象店舗では、営業終了後に防火シャッターを毎回閉める習慣があったため防鼠板が役に立たなくなるため、以降防火シャッターなどは必要時以外は閉めないでいただいています。

事例1 エアコンの配線をかじられ、停電するという事案があった。粘着につかまったネズミがかじったのかを、点検したところ切れている配線周りには捕獲は確認できなかっため、念のため殺鼠剤で処理をおこなう。

事例2 三連の大型冷蔵庫が並んでいる中で真ん中でつながっている特殊な構造なものもあり、防鼠工事に苦労が必要なものもあった。

 

point 図面に点検口、トラップ位置を記載し、表にて点検口にトラップ数・殺鼠剤(ラニラット)を表記し捕獲数を管理を徹底 ※請け単価は、ライトニン消毒様が受けた単価で約470万円 来年以降は月に1回程度の点検で350万円ほどの保守費用が見込める案件です。初回施工時に、点検を踏まえた仕組みづくりを作っておくことが重要です。

その他にも、郊外型ファミレスのノミバエ大発生事例(構造欠陥による、汚水のつまりが原因のノミバエ大量発生)のお話しなどもいただきました。

防鼠工事の特殊な事例 【焼き肉店のロースターの防鼠】・床をあげて下で排気しているロースターの場合は、内部で遮断できるので周りからトタンやパンチングメタルなどを断熱材に強く押し当てて、ビス止めする防鼠工事が必要です。※しっかりと断熱材を切るように固定しないと断熱材を食い破り出てきてしまいますので注意してください。ネットとコーキングは断熱性のものを使用し、長期間管理の場合、必ず断熱材を食い破って侵入してきますので注意してください。内部で遮断できないロースターの場合は、外部を完全に埋める必要があります。様々なタイプがありますが、炭火排気式ダクトの場合などは、閉店時に必ず店員さんに蓋を閉じてもらうなど協力も必要です。幼獣の侵入することも配慮し防鼠工事をすることも重要です。

【食品スーパーの冷蔵ケースの防鼠工事】 ・パネルを開けて、熱交換機の有無の調査 ※熱交換器があるという事は独立しているタイプが殆どなので動かすことが可能な場合が多い。※ない場合は、冷媒管を壁裏に引いている可能性が高いタイプだと予想できます。

冷媒管周りの壁等は、ネズミ対策はしていないと考えた方がよい。奥行きがあるため防鼠することは不可能。冷蔵ケースの排熱空間がネズミの侵入口になるのでこちらを防鼠工事することが有効。

稼働パネルへの防鼠では、素材に気を付けて工事をしないと、開け閉めで劣化してしまいますので注意が必要です。また、スーパーは入荷の時にネズミの侵入は仕方がありません、入ってきたネズミをどのように対処するかが重要です。天井に大量のトラップを仕掛ける、防鼠工事を徹底して行う、入ってくる手前に殺鼠剤を設置しトラップを設置する、売り場に入ってくる手前で阻止をする対策が重要になります。

【歯科医院での防鼠工事】・街の歯科医院は飲食店と同じ雑居ビルに入っていることも多く意外と依頼が多いです。床を上げていて外部に置れたコンプレッサのホースやユニットの電源が集中していますので、床下に集中しているホースや電源、ユニット部分など被害を受けやすくなります。また、歯科技工をしてる歯科では集塵機の周りにも注意が必要です

【回転ずしでの防鼠工事】・レーンのテンション調節ハンドルがレーン内部の壁についている場合は、その周りを遮断すればいいが、レーンの下についている場合は着脱可能な防鼠板を取り付けるしかない。

レーン下部は、排水・換気のために空いている部分が多く、パネルが開いている場所はマグネットで止める。

シートレーンは寿司職人さんの握った寿司をレーンに流したり、お客の少ない時に円周を減らすバイパスとして利用しますが、そういった場所にはレーンの稼働に合わせ注意した防鼠工事が必要になります。

◆ライトニンの裏技集 【アクリル点検鏡のミラー効果】点検鏡は侵入口調査の命です。アクリル鏡を裏からガスバーナーで炙ると簡単に外れます東急ハンズなどで安価に購入出来ますので改造して利用してください。【レモンユーカリ忌避剤の活用】完全に鼠がいなくなった現場を、維持することが重要です。2か月に1回点検する店舗では天井にレモンユーカリをアクアビーズボールにしみこませて数個設置したことにより、防鼠工事の事後メンテナンスが楽になった。【ネオニコチノイド系薬剤中毒の解毒】

グロンサン強力内服液が有効です。他にも様々な事例や、裏技をご紹介いただきました。

◆税務調査について

税務調査は、大きく分けて【春の大調査】と【秋の大調査】が行われます。

【春の大調査】の対象企業 6月~1月決算法人

※5月末ごろまでに連絡が無ければ、【春の大調査】の対象外の可能性大

【秋の大調査】の対象企業 2月~5月決算法人

※12月初めまでに連絡が無ければ、【秋の大調査】の対象外の可能性大

冬には、確定申告があるため基本的には行わることはありません

調査対象になった場合、税理士との契約があれば税理士に連絡があり、税理士との契約が無ければ会社に直接連絡が入ります。期間以外に連絡があった場合は、何か大きなことが見つかったか、または取引先の税務調査に来ると考えてよろしいと思います。

・税務調査の対象になる法人の選定方法

第一段階は、KSKと言うシステムにより振り分けられ、担当の税務調査官が調べ、調査するかしないかを決めています。

KSKの対象になる法人 ①過去に重加算税を取られた法人 2~3年の間に再度来ると言われています。

②10年に一度は税務調査に来ると言われていますので、定期的な調査だと考えられます。

③外注比率が高い法人さんは、調査対象になると言われています ※外注費は、経費の水増しがしやすい。従業員の給与を外注費として支払っていないかなど調査対象になりやすいです

④消費税の還付を申請している法人 ⑤毎年の純利益が100万円前後の法人 ※銀行借り入れをしている法人の場合、決算書を赤字にしたくない、また利益が多いと税金が高くなるため100万円前後にする経営者が多い。

例えば、利益が出ているので自宅のエアコン代金を計上してしまうような、決算後に集めてきた経費などで調整している場合は危険です。

また、100万円前後の利益と言っても、小売りとサービス業では、業種により利益率に違いがあるためいくらの売り上げに対しての比率のようなものはありません。ただし、税務署は業界比率を元に業種別利益率を把握しているので、明らかに同業種の中で利益率が低い場合は調査の対象になる可能性が高い。

調査対象の最近の傾向 同事業者を一斉対象としたり、無申告の個人事業主を対象とする比重が増えてきています。10年前に比べて税務調査官の負担が多くなった背景から、法人の調査対象になる確率は、全体の3~4% 個人事業主は1%と少ない確率です。

以前は、繰越欠損がある法人の調査は調査官の成績になったが、最近では繰越欠損は成績にならないため繰越欠損がでている法人には調査官が行きたがらないという傾向もあるようです。

point 疑いを持たれた場合、税務署側が証明しないといけないため、裁判になった場合引き分けになるようなケースの場合は、修正申告をするように言われますが税務署が証明するのを待つという事も必要です。

まとめ 税務調査が入ると、心配で不愉快な思いもすると思いますが、早めに終わらせることも重要です。

調査が長引いてしまう原因の一つに、税理士に隠し事をしてしまい、余計な疑いをもたれてしまう事で長引いてしまうケースがあります。

また、隠し事をすることで対応ができないため、重加算税を取られてしまう事も最悪の場合あります。心配なことは、税理士に調査前に必ず相談しておき、対応は税理士に一任するという事で乗り切ってください。

 

事業総合傷害保険について 一般財団法人 あんしん財団 滝口氏

あんしん財団は、昭和39年設立 当時は経営者には労災がありませんでした。現在においても経営者の労災加入は【特別加入制度】と言う制度を使い加入が出来ますが、費用面や手続きなどハードルが高いのが現状です。業務中であれば、たとえ従業員がふざけて怪我をしたとしても、保証する義務が発生します。

政府労災ではカバーしきれない給与や傷病手当などを、場合により多額の負担しないといけない場合がありますので法人様の中には、損保保険などを契約していらっしゃるかと思います。

損保保険では、「危険な仕事なのか」、「売り上げ」、「保険を使ったことがあるか」の3つの要素から契約金が決まってきます。

そのため、保険料が割高で労災の上乗せという部分では十分な保険に加入できないというのが現状です。

一家の大黒柱の方が仕事中に死亡してしまった場合、政府労災とは別に平均して1,700万円をお見舞金をお支払いしないと和解に至らないと言われていますが、多くの企業様では500~1,000万円程度の上乗せ保険に加入してい

るのが現状です。※国交省の指導では、公共事業の事業を行う企業では、1次、2次の事業者は死亡時に1,500万円以上の保険に加入するように指導しています。

あんしん財団の特徴(添付資料「経営」を守る・支える・・)会費:業種・保険利用の有無などは関係なく【月額1人2,000円】と固定されています。 含まれる内容 事業総合傷害保険(怪我の保証)では、怪我や傷害を負った場合、最大2,000万円まで支払われます。

※一般的な保険会社の契約では、従業員直接支払われる物ですが、あんしん財団では全額が会社に支払われます。(保険金ではありませんので、会社には雑収入になりますので、それを税源として社内の規定に従い従業員様にお支払いいただく形になります)

一般的な損保保険は、ケガをした被保険者や遺族を守るために加入するもですが、財団では【財団の傷害保険は被保険者と家族】に加え【会社が保障以外に負担しないといけない資金等の財源確保】に備える保険になります。

また、後遺障害では、第1級~第14級まで設定(2,000万円~16万円)し、月額2,000円で2,000万円の保証は一般的な保険ではあまり御座いません、特約で付けた場合は負担額が高額になります。※7等級以降の保険に加入した場合建築業などでは保険料が割高になりますが、財団では14等級まで含まれているのが特徴です。

入院・通院の保証 入院は1日6,000円、通院は1日2,000円の補償が付きます。

※通常の通勤労災の場合、職場→自宅の場合は通勤になります、ただしコンビニや映画など寄り道をした場合は通勤労災として認められないケースも多々あります。

財団の場合は、【業務上・業務外にかかわらず補償】となります。先にお伝えした、1,700万円のお見舞金ですが、場合によっては示談に至らないケースもあります。

特に介護が必要になる障害が残った場合などは、高額の示談金が必要になるケースもあるのが現状です。

財団は、昨今2,000万円の補償では足りない事も増え対応するために、「三井住友海上保険」との【使用者賠償責任保険制度】を取り入れています、こちらは1加入者あたり3億円、1事故当たり10億円まで保証されます。月額2,000円の会費の中に、含まれております。

※添付資料 労災事故の際の使用者の賠償責任を保証・・参照

災害防止事業(怪我をなくすための施策) 財団では、会社で怪我をなくしてもらう取り組みをしています。

怪我があった場合、補償で賄うことは可能なケースが多いですが、事故があることで仕事が止まり、また頻繁に労災申請をすることで行政からの指導を受ける煩わしさが発生するため、災害防止のサポートをしております。例として、タイヤチェーン、消火器、安全靴、台車、安全帽など購入した金額の半分を財団が負担しています。また、薬剤など取り扱う業種では、【特殊健康診断】をしている場合などにも補助が受けられます。

加入者人数により上限や購入内容物は等は、添付資料参照

福利厚生事業(従業員・経営者の福利厚生) 定期健康診断・人間ドックなどを受けた場合も補助金を受けられます。定期健康診断では、一人当たり2,000円まで・人間ドッグでは、一人当たり6,000円まで

財団が毎月いただく2,000円は、【保険料】ではなく、【会費】になっております。

年間24,000円は、法人事業所の場合は全額損金として計上できます。

保険ではありませんので、すべての従業員が加入しての福利厚生費ではありません、一部の人しか加入していなくても全額損金として計上できます。 ※個人事業主の場合、ご自身が加入する場合は損金にはなりませんが、従業員様の加入分は全額損金として計上できます。

まとめ 新たに、加入を勧めているものではなく、現在の損保保険が経費圧迫をしている、金銭的に損保保険の加入に躊躇しているなど、またこのような財団があることが知らない下請け様などがありましたら、ぜひ相談をしてみたらいかがでしょうか?ご興味のある会員様は、直接ご連絡いただくか、主催者 4部会明治サービス山口さんにご連絡してください。また、加入資格条件などがありますので詳しくは、ご確認をお願いいたします。

 

 

全損保険商品の制限と節税対策の保険商品 第一生命保険(株) 榊原氏

1、保険を経費で落とし、貯金・節税が不可に・・・たまりのある保険では、経費上全損は不可になりました。※変換率に応じて経費の割合を制限することになりました。※現在ご加入頂いている、経費で落とせる保険に関しては今まで通りの経費処理で大丈夫です。解約のタイミグが来るまで大事にお持ちください。

これから、経費で落とせるような保険はあるのか? 全損は不可になりますが、【1/2が経費】として計上できる商品が唯一の節税できる保険商品になります。※養老保険としての保険商品になります。変換率は、年齢にもよりますが93%ぐらいになり、福利厚生として計上されますので、経営者と従業員の割合が半分が必要です。全員加入が必要かは所轄の税務署に確認してください。

2、108日から、法人保険の税制が変更されたものがあります

※添付資料 法人契約だからこそできる・・・参照

今までは、全額損金で落とせていた医療保険と認知症保険等は10月8日以降は法人向けで全額経費で落とせていた物が、経費で落とせる割合が年額30万となりました。

3、自身の生涯手取り額を増やせる場合があります

添付資料 役員報酬と退職金を・・・・参照

10年前の所得税の割合は40%、15年前の所得税の割合は37%、現在は最大で45%の割合を占めています。

その割合とのバランスを取って、今現在の役員報酬をどの程度にすれば、所得税や社会保険料が変わってくるのかをシュミレーションを無料で行うことが出来ます。

※企業経営者の皆様には、税金が上がるにつれて控除を使う意識が高く人気がございますのでお気軽にご相談ください。詳しい情報を集めることで、税制対策に繋がります。詳しくお聞きしたい会員様は、第一生命の小竹森さん、渡辺さんにご相談ください。